塗装現場の写真

経営理念

【MISSION】お客様から認められ必要とされる企業を目指します。【VISION】 仕上業の立場より永年見続けてきた経験をもとに、お客様へ安心・満足・幸福を提供します。【VALUE】 目配り・気配り・心配りの精神で、お客様のニーズに応えられる様、日々努力し続けます。

代表からのご挨拶

代表の写真

技をみがく。継承する。

当社は昭和31年4月創業以来、顧客及び地域に信頼される企業を目指し、塗装工事を中心に実績を積み上げ、経営理念をもとに協力業者と共に力を合わせ、日々技術と品質の向上に励み、努力してまいりました。
近年、時代の変化は非常に激しく、建設業においては若年層の技術者不足が深刻な問題となってきております。そのような状況の中、若年層へ技術の継承をしていくことこそが社会貢献としてとらえ、これからも、社会から必要とされる企業を目指し発展してまいります。
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 濱脇健志

会社概要

塗装現場の写真 塗装現場の写真
商号株式会社浜脇工業
所在地 本店大阪市旭区森小路2丁目1番25号
TEL (06)6210-7120
FAX (06)6210-7121
東京本社東京都練馬区豊玉中1丁目13番1号
TEL (03)6265-5858
FAX (03)6265-5868
代表者代表取締役会長
代表取締役社長
濱脇光司
濱脇健志
創業年月日昭和31年4月1日
設立年月日昭和50年2月21日
資本金2,500万円
事業内容建築改修工事並びに付帯工事全般
コンクリート構造物の補修並びに塗装工事
橋梁、鉄骨等鉄鋼建造物の塗装工事並びに付帯工事全般
各種機械及び車輌類の塗装工事
建築資材、機材販売
建設業許可建設業許可
国土交通大臣許可(般-28)第14060号
種類
土木・建築・大工・左官・とび.土工・石・屋根・タイル.レンガ.ブロック
鋼構造物・ほ装・板金・ガラス・塗装・防水・内装・熱絶縁・建具
主なお取引先
(順不同・敬称略)
国土交通省文部科学省法務省警視庁防衛省財務省 東京都東京電子自治体共同運営東京都住宅供給公社大阪府大阪市府下衛星都市大阪広域水道企業団大阪府住宅供給公社阪神水道企業団(独)都市再生機構東日本高速道路公団中日本高速道路公団西日本高速道路公団日本郵政㈱大阪地下街㈱㈱大阪市開発公社(福)月の輪学園(学)大商学園高島㈱㈱杉村倉庫㈱南海酒販主計管工㈱㈱スマイルデザイン㈱エイワン㈱ダンその他民間企業・個人
取引金融機関りそな銀行上新庄支店・北おおさか信用金庫豊里大橋支店
きらぼし銀行・西日本建設業保証㈱
加盟団体一般社団法人日本塗装工業会
大阪府塗装工業協同組合
建設業労働災害防止協会大阪府支部

沿革

創業者 濱脇実哉

創業者 濱脇実哉 満州大連
春田塗装店にて修行 昭和12年頃

1956年昭和31年 4月濱脇実哉が大阪市都島区に浜脇塗装店を創業
1975年昭和50年 2月"資本金100万円をもって浜脇塗装工業株式会社を設立
建設業許可 大阪府知事(般-50)第31373取得"
1981年昭和56年 12月資本金800万に増資
1986年昭和61年 3月名古屋支店開設
1989年平成元年 9月資本金2,000万に増資
1990年平成2年 9月建設業許可 建設大臣許可(般-2)第14060取得
2000年平成12年 3月資本金2,500万に増資
2002年平成14年 1月株式会社浜脇工業と商号変更
2005年平成17年 1月東京支店開設
2008年平成20年 7月ISO 14001を認証取得
2012年平成24年 10月ISO 9001を認証取得
2018年平成30年 9月本店を大阪市東淀川区より大阪市旭区に移転
東京本社に昇格(平成17年1月 支店開設)
塗装現場の写真

品質方針

JIS Q 9001:2008 ( ISO 9001:2008 )

MSA/MS logo 品質方針 | 株式会社浜脇工業は、全社員及び関連する全ての者が、大いなる意欲と、高等な技術を駆使して、お客様に安心と信頼を得る製品と誠心誠意サービスを提供すると共に、社会に貢献するために、品質マネジメントシステムを構築し、実行し、継続的に改善を行う。この品質方針を具体的に実行するために、年度ごとの品質目標を策定して展開し、各部門がそれぞれの業務において、目標を策定し実行する。適切性の持続のために社長が定期的にレヴューして、その達成を目指す。2012年 7月 1日 株式会社浜脇工業 代表取締役 濱脇健志
塗装現場の写真

環境方針

JIS Q 14001:2004 ( ISO 14001:2005 )

MSA/MS logo 環境方針 | 基本方針:株式会社浜脇工業は環境マネジメントシステムに基づく活動に全従業員が参画し、地球と地域への環境負担の低減を図り、永続的に環境の保全に努める。行動方針:【1】環境保全の取り組みを経営の最重要課題の一つとして位置づける。【2】環境影響評価に基づき、環境目的・目標を設定し、環境マネジマントシステムの継続的な改善に全従業員で取り組み、環境汚染の防止に努める。【3】環境に関する法令及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。【4】事業活動に係る環境負担とリスクを低減すべく、特に次の事項に取り組む。・地球環境負担の低減を目指す/①CO2の削減策 ②騒音・振動の低減 ③リサイクルに関する行動 ④廃棄物の抑制 ⑤環境配慮型塗料の使用の推進【5】環境教育を実施し、全従業員及び協力会社の作業員に対して本方針を周知し理解させ維持することに努める。【6】環境マネジメントシステムが当社にとって、適切かつ妥当であるよう確実に維持するために定期的(毎年4月)に見直しをする。2013年 12月 19日 株式会社浜脇工業 代表取締役 濱脇健志